おすすめしたい歯医者とは

歯医者に行くのが好きな人って、あまりいないと思います。痛いし怖いし待ち時間が長いという先入観がある人はとても多いと思うのです。私自身もそうでした。



そこでおすすめしたいのは、歯医者も内科も外科も、言うならば整形外科もボーンセッターも同じだという思想です。歯医者はなぜか、「虫歯にしたこと」に対する罪悪感からクリニックを変えずらかったり、横柄な先生でも文句のひとつも言えずに耐えたりする方が多くみえます。
ですが、それがもし外科や形成外科だったらどうでしょうか。


この考えをおすすめしたい理由が下記です。
口の中と違って、体だと腫れも痛みも目視出来ます。

縫うような傷の処置がもし雑であれば、不注意であれ怪我をした事を責めるような医者であれば、殆どの方が耐えずにすぐさま転院すると思うのです。虫歯になってしまったものは、怒られようが励まされようがもう歯科医以外は治せません。



だったら、せめて毎回鬱々として足を運ぶよりも、信頼出来るクリニックを選んで通っているのだという自信くらいは持ちたいものです。



近隣の方からのおすすめや口コミは馬鹿に出来ません。

これだけの情報社会です。自分に合った歯科医や治療法を見極めてから足を運ぶ、そして自分の体感、感覚で見極める、そしてまた社会と情報を共有する、こんな風にしっかりと見極めれば、根の張った歯医者嫌いも少しは緩和すると思うのです。待ち時間、痛み、説明、治療方針、長年培った信頼など、自分が歯医者のどこに重きを置くのかを知っていれば、治療途中で逃げ出したりせずに最後まで通えるはずです。